すべてのトラフィックで自動広告を表示しましょう

ベビづれ海外赴任ブログ

中米パナマで暮らしてます。2018年1月に娘を出産。産後の美容と体型に悩み。poco a poco(少しずつ)親子3人でがんばります。

乳幼児むけヨーグルトはやみつきに。お気に入りの2つを「ベビーダノン」「プチダノン」と比較。

ヨーグルト好きな娘が、パナマでパクパク食べる商品をご紹介します。

ヨーグルトコーナーには、子ども用のヨーグルトはたくさんあるんですけどね、オレオ味だったり、チョコがまぶしてあったり、とにかくお菓子っぽいものがたくさんあるんですよ。

そんな中で、この2種類は乳幼児用なだけに比較的甘さ控えめにできてます。

 

 

パナマで市販されている赤ちゃん向けヨーグルト、日本の製品と比較

f:id:pocoapocolog:20190725020427j:image

 

ヨーグルト好きの娘

 初めてたべさせたのは「ベビーダノン」。

生後6ヶ月の時でした。

初めは「ん???」って顔をして、なかなか食べようとしなかったものの、生後7ヶ月からこの1年間、ずっとヨーグルト好き。

www.pocoapocolog.com

朝ごはんにはヨーグルトが不可欠。 

娘が病気で食欲がない時も、ヨーグルトは唯一食べてくれた食材。病院で処方された薬もヨーグルトに混ぜこんで飲ませるほど。

なので、本当にお世話になっているのです。

日本ではやっぱり「ベビーダノン」「プチダノン」

日本で毎日食べていたのは「ベビーダノン」「プチダノン」。

娘は日替わりで食べていました。

ベビーダノン製品ラインナップ | ダノンのヨーグルトサイト

 

 以前、コロンビア滞在時に、日本のベビーダノン・プチダノンを記事にしましたので、詳しくはこちらをご参照いただければと思います。

www.pocoapocolog.com

 

6ヶ月ごろ〜食べられる「ベビーダノン」

栄養成分はこちら▼

f:id:pocoapocolog:20190820040626p:plain

ベビーダノン(いちご)

 

1歳頃〜食べられる「プチダノン」

栄養成分がこちら▼

f:id:pocoapocolog:20190820040649p:plain

プチダノン(りんご)

プチダノンの方が、少しタンパク質や脂質がアップする代わりに、カルシウムが大幅にアップ。ビタミンDと鉄分も加わってます。

どちらも1個45gなので、乳幼児が食べきるのにちょうどいいサイズです。

日本では、4個入りで200円くらいで市販されていますよね。

では、パナマで市販されている乳幼児向けヨーグルトはどうかというと・・・

Danonino(ダノン)

日本と同じく、ダノンさんはここパナマでも力を発揮しています。

どのお店に行ってもヨーグルトコーナーへ行くと、だいたい置いてあるのがこれ。

日本と違って、6個入りで販売されています。

価格は3.5米ドルくらい。日本円だと、400円くらい。

日本のベビーダノンより、少し割高ですね。

そうです、パナマって物価高いんです・・・特に米国やヨーロッパからの輸入製品ね。

気になるのが「カルシウム2倍」という表記。

カルシウムって、成長期には大事ですもん。

f:id:pocoapocolog:20190725020427j:image

外箱をとると、ヨーグルトの蓋が現れてきます。

外箱と同じデザイン?かと思いきや、牛さん(?)がヘルメットを脱いでました。

これ、子どもに気づいて欲しくてのデザインなのでしょうか。

子どもが見るのは、1個ずつ切り離した後のような気がしますけど。

f:id:pocoapocolog:20190725020447j:plain

うちの近くには6個入りの3種類しかないんですが、ダノンHPを見ると、もっとたくさんあるみたい。ダノンさん、大人用のヨーグルト並みに幼児用のヨーグルト拡販もお願いします〜▼

www.danone.es

そして、気になる栄養成分は▼

f:id:pocoapocolog:20190725020423j:plain

1個分(50g)

エネルギー60kcal

脂質2g

コレステロール5mg

カリウム75mg

炭水化物7g

タンパク質3g

日本とは、栄養価の表記順が異なります。

日本人って、糖質の量を気にしがちだけど、ここ中南米(アメリカ)は、脂質を気にするからなのでしょうか。ヨーグルトに限らず、脂質量の表記が強調されている気がします。

そして、肝心のカルシウム!

1個で1日の摂取目安の20%が取れるって書いてあるけど、具体的な数値はわかりませんでした・・・なぜそこを強調して書かないの?(私の見落としだったらすみません)

でも、コロンビアで食べたベビーヨーグルトも同じだったか・・・

けど、それよりパナマで買った方のがサイズも適正。 

www.pocoapocolog.com


日本のベビーダノン・プチダノンと比較すると、1個あたりの量はほとんど同じ。

けど、カロリー、タンパク質、脂質、ともに日本よりも数値が高くなってます。

日本のプチダノンって、甘さを控えめに作ってありますからね〜

中を開けて見ると、めっちゃ赤〜
f:id:pocoapocolog:20190725020442j:image

 お味も「あっま〜〜〜」というわけではないですが、日本のヨーグルトよりは確実に甘い!娘も、この甘さに慣れてしまいそう。

stonyfield ORGANIC yo baby

 そして、もう1つのベビーヨーグルトがこちら「yo baby」

けど、これ高いのであまり買いません・・・

f:id:pocoapocolog:20190814230340j:image

 6ヶ月から食べられるらしいけど、6個入りで6.26米ドルなんだもの〜

赤ちゃん用で700円支払うなんて、高級!!

こちらもいろんな味はあるそうですが、近所のスーパーには1種類しかありません▼

www.stonyfield.com

 

では、気になる栄養成分は▼S

f:id:pocoapocolog:20190820035137p:plain

stonyfield

1個分(113g)

エネルギー100kcal

脂質4g

塩分55mg

炭水化物12g

タンパク質4g

これまた、コロンビアのものと同じく、量が多い。日本だと、大人向けのサイズ。

カロリーも炭水化物も、日本のベビーダノンより多めです。

けど、これはバニラ風味なので、日本で市販されている普通の大人向けヨーグルトみたいな感じです。

 なので、ヨーグルト好きな娘、ちゃんと平らげてしまいます・・・

f:id:pocoapocolog:20190725022850j:image

1歳児には甘いのに〜、量多いのに〜。

 

いや、悪くないんだけどね。ヨーグルト以外も食べて欲しいものあるから、それでお腹いっぱいになってしまうのもなあって。

もう少し少量サイズで販売して欲しいものです

 

とりあえず、娘に食べさせても良さそうなヨーグルトの中で、気に入ったのはこの2品でした。ちなみに、プレーンヨーグルトは日本のものより酸っぱく感じるのか、ほとんど食べず。ジャムを混ぜてあげても、遊ぶだけで食べず。。。

なので、このベビーヨーグルトに頼る生活になりそうです。

(ちょっと甘いけど)いいもの見つかって、よかったね〜

 

おわり。